グランフォーレ藤崎レジデンス

0120-461-228

目に見えない基本構造・性能が、住まいの安心を支えています。目に見えない基本構造・性能が、住まいの安心を支えています。

確実な検査で安心をサポート

鉄筋圧接部やコンクリートなどにおいて、品質・強度検査を行っているので安心です。

鉄筋圧接部検査

■外観試験
圧接部のふくらみの形状及び寸法、圧接面のずれ、圧接部における鉄筋中心軸の偏心量、圧接部の折れ曲り、片ふくらみ、焼割れ、へこみ、垂下がりその他の欠陥の有無について、外観試験を行います。

■抜取引張試験 現場にて抜き取った供試体(鉄筋)を第三者検査機関で引張試験機にかけ、切断されるまで引張り、基準通りの強度をもっているかを判断します。

コンクリート検査

■フレッシュコンクリート試験 打設する前のフレッシュコンクリート(いわゆる生コン)の時点で粘度や塩分濃度、空気量などを調べ、予定値の固さと大きく違わないか確認します。同時に4週間後の検査のサンプルを採取します。

■コンクリート圧縮強度試験 打設から4週間後に、打設時に採取したサンプルでコンクリートの圧縮強度を測定。サンプルを圧縮機で壊し、計画通りの強度になっているか確認します。

安全な基礎構造 (Hi FB工法)

安全な基礎構造 (Hi FB工法)

当建設地の地盤調査を行い、地下約12〜16mに堅固な支持地盤の存在を特定。約2.4mの基礎の下に、あらかじめ工場で製作された約13〜15mのコンクリート杭を打設することで強固な基礎を造り、建物を足下からしっかりと支えます。

遮音性に優れたT-2サッシを採用

遮音性に優れたT-2サッシ

隙間をなくし、気密性を高めた構造で優れた防音性を発揮します。室外の騒音レベルが80dBの場合、T-2サッシを使用すると、室内のおおよその騒音値を50dBまで下げることができます。
※周辺環境の条件等により結果は異なります。

かぶり厚

かぶり厚

「かぶり厚」とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚みのこと。コンクリートの中性化による鉄筋の劣化防止、建物の耐久性アップを図るため、この「かぶり厚」を十分に確保しています。

高いコンクリートの設計基準強度

高いコンクリートの設計基準強度

1㎡でおよそ2,700トンの圧力に耐えられる強度、27ニュートン(N/m㎡)以上のコンクリート強度を、設計基準強度としています。
※附属建物及び土間コンクリート等は除く

外壁二重壁構造

外壁二重壁構造

居室内の断熱性・遮音性を高めるため「二重壁構造」を採用。外側に面したコンクリート壁の居室内側に下図の様な断熱材、空気層を設けました。

ボイドスラブ工法と二重床・二重天井構造

ボイドスラブ工法と二重床・二重天井構造

床構造には、厚さ250~300mmのボイドスラブを採用(一部を除く)。さらに、置床工法により、その上に床材を直貼りせずフロアを上げるなど、上下階の生活音の低減を実現しました。また、二重床・二重天井の採用で、メンテナンスや将来のリフォーム時の自由度が高まります。

LL45・LH50等級のシステムフロア

マンションでの生活は子供たちの走る足音や落下音などの音が気になります。そこで廊下・リビングダイニング・洋室の床には遮音性に優れたLL45・LH50等級のシステムフロアを採用し、生活音を軽減しています。

軽量床遮音レベル(LL) 重量床遮音レベル(LH)

住宅瑕疵担保責任保険に加入しています。

外壁二重壁構造

「住宅瑕疵担保責任履行法」とは、新築住宅を供給する事業者(新築住宅の売主である宅建事業者など)に対して、瑕疵担保責任(※)の履行を確保するため「保証金の供託」または「保険加入」のいずれかの資力確保措置を義務付けするものです。
※品確法に定める新築住宅の売主などが負う10年間の瑕疵担保責任。具体的には構造上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分が対象

設計性能評価・建設性能評価(予定)を取得しています。

ボイドスラブ工法と二重床・二重天井構造

「住宅性能評価書」とは、まだ建物が建つ前の段階で評価結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工プロセス並びに完成段階の評価を経た「建設住宅性能評価書(予定)」の2種類があります。

PAGE TOP