グランフォーレ藤崎レジデンス

0120-461-228

心地良く暮らしながら住まいがエコする時代です。心地良く暮らしながら住まいがエコする時代です。

地球環境にやさしいエコロジーと家計にやさしいエコノミーは、
住まいの性能や工夫で両立できます。
環境配慮に優れた設備やシステムを暮らしのすみずみに採用することで、
無理なく賢いエコライフを実現。
「グランフォーレ藤崎レジデンス」は、
次世代を育てると共に、豊かな環境を次世代に手渡す暮らしです。

エネシェアプラン(マンション一括受電システム)エネシェアプラン(マンション一括受電システム)

エネシェアプランで電気料最大10%軽減。

一括受電システムは、マンションの建物全体をひとつの事業所とみなすことで電力会社と高圧受電契約を結び、各ご家庭の電気料金を割安にする仕組みになっています。

エネシェアプラン(マンション一括受電システム)概念図

電気使用量をいつでも確認「見える化サービス」

家庭内における電気使用量等をお手元のパソコンやスマートフォン等を通じてご確認頂けます。電気使用量や過去のデータをご確認、比較する事で更なる節約意識の向上に繋がります。

見える化サービス

アラートメールで節電

各月の電気使用量を予め設定頂くと、月の使用量がその数値に達した時点で、ご登録頂いたメールアドレスへお知らせが届くサービスです。

アラートメールで節電

遠方からの電気使用量
確認で簡易的な見守り

遠方に住んでいるご家族が、その部屋のID・パスワードを使い見える化画面にログインし、30分毎の電気使用量パターン、昨日との電気使用量を比較することで、簡易的な見守りサービスとしてご利用頂けます。

簡易的な見守り

屋上を断熱材で覆う
外断熱工法

太陽光や雨の影響が大きい屋上を断熱材ですっぽり覆うことで、昼夜の温度差が小さくなり住居部分の快適性が向上。省エネや結露対策にもなります。さらに断熱材がコンクリートの劣化を抑え、建物を長持ちさせます。(一部を除く)

外断熱工法

給湯時の排熱を上手に利用する「エコジョーズ」
 

排熱を再利用することで95%の熱効率を実現する「エコジョーズ」。熱効率を上げることで、CO2排出量とガス料金を削減できるようになりました。

エコジョーズ

※上記料金は平成28年12月現在のもので、消費税等相当額を含んだ金額です。数値は4人家族を想定し算出しています。※数値はあくまでも参考です。お客様の使用状況で異なる場合があります。※ガス使用料は45メガジュール(10,750キロカロリー)地区で算出しています。西部ガス調べ

エコ運転のオートタイプ給湯器

スイッチひとつでお湯はり開始、自動ストップ「自動保温」までこなします。リモコンの「エコ運転」スイッチでガスや水の使用量を自動的にセーブできます。

エコ運転のオートタイプ給湯器

断熱等性能等級4を取得

本物件は、住宅性能の中でも断熱等性能への評価で最高等級4を取得しています。

断熱等性能等級4を取得

超節水&節電のECOトイレ

これまで主流だった(大洗浄時流水量/13L)に比べ、大洗浄(4.8L)小洗浄(3.6L)、さらにECO小洗浄(3.4L)で、年間おフロ223杯分以上(53,582L)の節水を実現。水道料金なら年間約14,200円お得です。

超節水&節電のECOトイレ

様々なエコ設備を完備

LED照明

省エネ力+長寿命。電気代を大幅に節約できるLED照明を共用部分や住戸内のダウンライト照明に使用。紫外線・赤外線をほとんど含まない、人にやさしい照明です。(一部除く)

浄水器一体型混合水栓

節ガス効果が従来の混合栓に比べ約41%あり約10,100円/年も水道代、ガス代がお得になり経済的です。
●水道代:約1,600円/年
●ガス代:約8,500円/年

断熱に優れたペアガラス
(複層ガラス)

板ガラスの中空層にある空気が、熱が最も移動しやすい窓の断熱性能を高め、室内の暖房熱を外に逃がさず、外から冷気が伝わるのを防ぎ、暖房効果をぐんと高めます。

食器洗い乾燥機

先進のエコ機能を搭載し、5つの運転コースから選んで経済的にご利用いただけます。

【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)適合マンションを省エネルギー性で取得。

住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローン【フラット35】において、●省エネルギー性、●耐震性などの要件を満たす住宅を取得される場合に、【フラット35】の金利をさらに引下げる【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)がご利用になれます。当物件は、省エネルギー性を取得し【フラット35】Sがご利用いただけます。

わたしたちコーセーアールイーは環境共生住宅推進協議会に加盟しています。

環境共生住宅推進協議会は国土交通省の支援を受け、住宅建設に関連するあらゆる方面の企業と、地方自治体、都市基盤整備公団などが協力し、会員としてその運営にあたっています。
http://www.kkj.or.jp/

※掲載の写真はグランフォーレシリーズのモデルルームを撮影したもの、またはメーカー参考写真です。実際とは異なる場合がございますのでモデルルームにてご確認ください。

PAGE TOP